Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://packhirai.blog80.fc2.com/tb.php/292-8fa12eac

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

米ぬか油を原料に使用

DICグラフィックス株式会社(本社:東京都中央区、社長執行役員:谷上浩司、以下DICG)は、食品パッケージ用表刷りグラビアインキとして米ぬか由来成分を原料とするライスインキ「ライジンシリーズ」を開発し、8月より販売を開始しました。同製品は二酸化炭素(CO2)削減につながる再生可能な植物由来原料(バイオマス)である米ぬか成分を原料とする樹脂を使用した環境調和型製品です。

印刷インキ業界では環境対応製品の拡販を進めていますが、同時に「有限の」資源に頼らず、かつ資源の無駄遣いをしない「循環型社会」を目指す取り組みとして、植物由来のバイオマス原料を使用したインキ製品の開発を進めています。現在は松脂や種子など由来の原料が主に使われていますが、最近では「余って捨ててしまう米ぬか(資源)の有効活用」をコンセプトにライスインキ・コンソーシアムが立ち上がるなど、米ぬか油を使用したインキに対する市場ニーズが高まっています。

このたび開発しましたライスインキ「ライジンシリーズ」は、市場からの高い評価を受け広く使用されている松脂由来樹脂を使用した「アルティマNT型インキ」をベースに設計しています。本製品は、アルティマNTと同様に植物由来成分をインキ固形分の20~40%以上含有していますが、ライスインキ・コンソーシアムが定義する表刷りグラビアインキのライスインキ基準である“米ぬか由来成分が15%以上”を満たした設計としています。

フィルムニュース 2017/10/20 掲載
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://packhirai.blog80.fc2.com/tb.php/292-8fa12eac

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

平井ISO

Author:平井ISO
ポリエチレン(PE)、ポリプロピレン(PP)の再生・リサイクルに取り組んでいます。
お客様の事業所にて発生した廃ポリ袋・廃PPバンド等を、弊社協力工場にて回収し、再原料化・リサイクルした製品を使って頂く流れです。
ぜひ弊社にお問合せ下さい。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。