Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファミマ、弁当フィルム包装廃止 つなぎ目密閉、コスト削減 弁当容器の見直し

 大手コンビニエンスストアが細かな環境対策を進めている。
 ファミリーマートは弁当の容器を食品包装フィルムで覆う方式から容器のつなぎ目だけを特殊なフィルムで巻くやり方に変える。セブン&アイ・フォールディングスもプライベートブランド(PB=自主企画)商品の容器に間伐材を使い始めた。資源の無駄遣いを指摘する消費者の声は無視できないようだ。
 ファミリーマートはほぼ全商品を対象に容器全体に食品包装フィルムを覆う包装を見直す。ふたと容器のつなぎ目ぶぶんのみの包装に刷新する。来年2月までに全国約1万店に導入する計画だ。
 新たな放送では、ふたと容器をつなぐ部分に、数センチの樹脂製のフィルムを装着する。熱をかけて結合部分をとめる。フィルムの一部に切り込みが入れてあり、ひねるだけで簡単に開けられる。容器の形状も底の部分にへこみを入れ輸送時に容器を重ねても中身がこぼれないようにする。
 使用する資材を減らすことで、包装に使用しているプラスチック原料から年間1800㌧排出している二酸化炭素(CO2)を1300㌧削減し500㌧にする。ファミマが弁当容器の包装方法を全面刷新するのは初めてだ。包装の簡素化や容器の統一で、店頭に陳列した際に弁当の中身が見やすく、見た目もよくなる。消費者の購買意欲を高め、年数億円のコスト削減につもつなげる狙いもある。
 コンビニ業界は弁当類を中心に使い捨てのプラスチック容器を大量に使う。ファミマは環境配慮に取り組む姿勢を打ち出すことで、女性層の取り込みにもつなげる。
 セブン&アイ・フォールディングスも環境に配慮した包材によるPB商品を発売している。セブンのPB「セブンプレミアム」として容器に原料に間伐材や店頭で回収したペットボトルを使っている。紙製の飲料容器「カートカン」に入った野菜・果汁飲料「かしこく飲む 野菜と果実」(127円)の容器には、セブン&アイが整備を支援する長野県の間伐材などを国産材を30%以上使う。
 ほかに「濃密泡で香り立つボディソープ フレッシュフローラル詰替」(246円)など詰め替え用ボディーソープの包材では、イトーヨーカ堂などの店頭で回収したペットボトルを資材に含んだフィルム容器を再利用している。今後もPBを中心に環境配慮型の包材を増やしていく方針だ。
 ローソンもフロンではなくCO2を冷媒に使う冷凍冷蔵機を2015年以降に導入する。生活に密着したコンビニが環境対策を率先する動きは小売業全体への波乃効果も大きいとみられる。
2014/09/17 日本経済産業新聞
スポンサーサイト
  • コメント : -
  • トラックバック : -

Appendix

プロフィール

平井ISO

Author:平井ISO
ポリエチレン(PE)、ポリプロピレン(PP)の再生・リサイクルに取り組んでいます。
お客様の事業所にて発生した廃ポリ袋・廃PPバンド等を、弊社協力工場にて回収し、再原料化・リサイクルした製品を使って頂く流れです。
ぜひ弊社にお問合せ下さい。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。