Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://packhirai.blog80.fc2.com/tb.php/196-ea947a6e

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

「食品ロス」年4万トン削減可能 農水省が試算

農林水産省は25日、食品メーカーなどが飲料や菓子を小売店に納品する期限を延ばせば、まだ食べられるのに廃棄される「食品ロス」が年間約4万トン減らせるとの実験に基づく試算を明らかにした。87億円分に相当する。

 食品業界には賞味期限までの期間の3分の1を過ぎると小売店に納品せず廃棄する習慣があり、大量の食品が店頭に届かないまま無駄になっている。納品期限の延長が実現すれば、食品廃棄物の削減が期待できそうだ。

 実験は昨年8月から今年1月末にかけ、食品メーカーや小売業者など35社が実施。飲料と菓子の納品期限を賞味期限までの期間の2分の1に延長し、変化を検証した。

 この結果、流通段階での納品期限切れや、メーカーが納品しないまま廃棄する量が減少するなどの効果があった。1年間に削減される食品ロスの推計は、飲料が71億円相当の3万9384トン、菓子が16億円相当の1235トンに上るという。

 飲料と菓子以外の業界でも今後、納品期限の延長効果を検証する予定。農水省の担当者は「企業に慣習の見直しを呼び掛け、食品ロス削減につなげたい」と話している。

 農水省によると、2010年度に発生した食品廃棄物は1713万トンで、うち食品ロスは500万~800万トンと推計されている。〔共同〕

日本経済新聞 2014/03/25
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://packhirai.blog80.fc2.com/tb.php/196-ea947a6e

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

平井ISO

Author:平井ISO
ポリエチレン(PE)、ポリプロピレン(PP)の再生・リサイクルに取り組んでいます。
お客様の事業所にて発生した廃ポリ袋・廃PPバンド等を、弊社協力工場にて回収し、再原料化・リサイクルした製品を使って頂く流れです。
ぜひ弊社にお問合せ下さい。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。