Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーヒー容器 倒れないレジ袋 ミヤゲン、持ち運び3個まで

 レジ袋など包装資材製造のミヤゲン(福井県敦賀市)は、カップ入りコーヒーを3つまでこぼさず持ち運べる特殊なレジ袋を開発した。今春にも発売し、まずコンビニやコーヒーチェーンを中心に売り込む。ハンバーガーやドーナツなど形崩れしやすい商品にも適しているとして、将来的に食品業界の需要も見込む。

 新製品はポリエチレン製の袋の内部に幅数センチの帯がついており、袋を開くと3カ所で環状に広がる。環状部分は特殊なシ…

日本経済新聞 2018/1/17 掲載

蓋材不要のドリンクカップ

 日本紙パルプ商事は、コーヒーをはじめとするテイクアウトドリンク分野に向け、リッド(蓋材)が要らない紙製カップ「Butterfly Cup(バタフライカップ)」の提案を外食産業中心にスタートさせた。
 同カップは、アイルランド企業が開発した。成形された段階では通常の紙カップ形状だが、飲料を注いだ後で容器上部の2カ所を罫線に沿って内側に折り重ねると、それがカップの蓋になると同時に飲み口も形成される仕組みだ。カップ上部はユニークな曲線を描き、そのとがった部分の隙間が飲み口となる。つまり、容器本体の紙素材がそのままリッド部分となる構造。耐水性を持たせるため内面に樹脂加工を施されるものの、飲料カップ部材としてのプラスチックは一切不要になる。

包装タイムス 2017/12/11 掲載

「人と環境にやさしい」を柱に リサイクル率95%の段ボ素材

 日新産業は、段ボール箱、紙器、緩衝材の製造・販売を行っている。同社では「人と環境にやさしい」を経営の柱に、リサイクル率95%以上の環境に配慮した段ボール素材を生かしながら事業活動を行っている。
 多様化する市場ニーズに対応すべく、特殊な箱などを製造し、蓄積した経験、ノウハウを生かしながら新商品の開発に取り組んでいる。高まる市場ニーズに対応すべく、製造機械への設備投資も随時、行っている。
 また同社では、セミオーダーで段ボール製造の注文を受けているのも特徴だ。小ロットから大ロット製造に対応している。もちろん段ボールへの印刷も可能。みかん箱タイプやヤッコ型タイプ、底ワンタッチ型など各種形状に対応している点も受注を伸ばしている要因の一つだろう。
 今後は、一般消費者に向けた販売を強化するため、迅速、丁寧な営業スタイルを構築していく方針だ。

包装タイムス 2017/10/30 掲載

米ぬか油を原料に使用

DICグラフィックス株式会社(本社:東京都中央区、社長執行役員:谷上浩司、以下DICG)は、食品パッケージ用表刷りグラビアインキとして米ぬか由来成分を原料とするライスインキ「ライジンシリーズ」を開発し、8月より販売を開始しました。同製品は二酸化炭素(CO2)削減につながる再生可能な植物由来原料(バイオマス)である米ぬか成分を原料とする樹脂を使用した環境調和型製品です。

印刷インキ業界では環境対応製品の拡販を進めていますが、同時に「有限の」資源に頼らず、かつ資源の無駄遣いをしない「循環型社会」を目指す取り組みとして、植物由来のバイオマス原料を使用したインキ製品の開発を進めています。現在は松脂や種子など由来の原料が主に使われていますが、最近では「余って捨ててしまう米ぬか(資源)の有効活用」をコンセプトにライスインキ・コンソーシアムが立ち上がるなど、米ぬか油を使用したインキに対する市場ニーズが高まっています。

このたび開発しましたライスインキ「ライジンシリーズ」は、市場からの高い評価を受け広く使用されている松脂由来樹脂を使用した「アルティマNT型インキ」をベースに設計しています。本製品は、アルティマNTと同様に植物由来成分をインキ固形分の20~40%以上含有していますが、ライスインキ・コンソーシアムが定義する表刷りグラビアインキのライスインキ基準である“米ぬか由来成分が15%以上”を満たした設計としています。

フィルムニュース 2017/10/20 掲載

ガムテープ機器を発売

 ネクサスエアーはこのほど、ガムテープディスペンサー「BP555EJA」および環境保全適正に優れるガムテープを発売した。ここにきて大手通販事業者が環境面などに着目し導入するなど普及へ追い風もあることから、ガムテープ関連機器で実績が豊富なパックウェルと代理店契約を締結。ガムテープ関連機器の販売を開始した。
 ガムテープ「ECOLOGYテープ」を使用した同システムは、手作業の封緘作業と比較して大幅な負担軽減にもつながり、作業もスピーディーだ。非熟練者でも容易に操作でき、オプションのAMDシステム(段ボールケース長さ自動計測装置)センサーを使用することにより、段ボールケースの長さを自動的に計測、封緘に適した長さのテープを繰り出すことが可能だ。さらにガムテープなので封緘後、はがさずに箱ごと廃棄でき環境保全適正にも優れる。
 同機種のほかにも標準仕様の「BP755EJA」、360㍍巻テープ対応機種「BP755EJA-360」や、手動式ガムテープディスペンサー「BP333JX」をラインアップしており、今後、同社では通販事業の発送現場などへ販促していく方針だ。

包装タイムス 2017/10/16 掲載

Appendix

プロフィール

平井ISO

Author:平井ISO
ポリエチレン(PE)、ポリプロピレン(PP)の再生・リサイクルに取り組んでいます。
お客様の事業所にて発生した廃ポリ袋・廃PPバンド等を、弊社協力工場にて回収し、再原料化・リサイクルした製品を使って頂く流れです。
ぜひ弊社にお問合せ下さい。

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。